家計に無理ないクレジットカード現金化

検索

クレジットカード現金化で、写メを送るときの注意点は?

クレジットカード現金化業者は、店舗を持たないネット業者が増えています。
手軽に申込めて便利なネット業者ですが、写メを送るときに注意しなければトラブルに巻き込まれるおそれがあります。

本人確認するとき、写メが必要

申込むときは下記のものが必要です。
身分証明書は、顔写真があるもの(運転免許証やパスポートなど)を準備して下さい。
他人のなりすまし防止のため、顔写真がないものだと申込めない業者もあるからです。

・クレジットカード。
・身分証明書。
・振込んでもらう口座。

ネットから申込むときは、クレジットカード現金化業者のサイトにある申込ページを利用します。
申込んだあと本人確認の電話がかかってきます。
このとき身分証明書を見せるのですが、ネット上だから直に見せることができませんよね。
ですから、スマホなどで撮影した写メを送信するか身分証明書のコピーをとって郵便・FAXで送ることになります。

写メは、そのまま送信しない

クレジットカード現金化業者のなかには、個人情報を悪用するサギ業者も存在しています。
トラブル防止のため、身分証明書の写メを撮影するときは、本籍地・マイナンバーが表記されている部分は隠しておきましょう。本籍地やマイナンバーが隠れていても、問題なく申込めます。

手続きに必要だから、クレジットカードを撮影した写メを送信して欲しい」と言ってくるサギ業者もいます。
これはカード情報をだまし取ろうとする手口なので、写メを送信してはいけません。
現金化するのに必要なものは、クレジットカードのショッピング枠だけで、カード情報は必要ありません。
もし、写メを送信してしまったら、あなたのカードで勝手に買い物をされてしまいます

まとめ

ネット業者なら、来店不要だから手軽に申込めて便利ですよね。
しかし、サギ業者も存在しているため、カードや個人情報を悪用されることがあります。
そのため、身分証明書を撮影するときは、本籍地やマイナンバーは隠しておきましょう。
また、クレジットカードを写メで送信させようとする業者はサギなので、利用してはいけません

賢いチョイス!今探していたのはクレジットカード現金化!TOPへ

ページ上に戻る